ビジネス英会話 オンライン英会話 ランキング

田辺市で探すオンライン英会話ビジネスコース

オンライン英会話 ネイティブ
田辺市は、和歌山県の中南部に位置し、
熊野古道をはじめ温泉地や自然景勝地があります。

 

人口は、約7万人ですが、
その中で多くの方が、観光関係のビジネスにかかわっていると思います。

 

何しろ、熊野本宮大社や熊野参詣道などは、
ユネスコの世界遺産に登録されている位だからです。

 

海外の観光旅行会社が、日本の観光ルートの1つに、
事前に組み入れてくる事もあると思います。

 

日本での案内は、地元の観光会社が請け負うことになるでしょう。
ビジネス上の交渉や打ち合わせ、段取りは、
英語によるコミュニケーションとなります。

 

ガイドをする時の価格交渉や、旅行者人数など細かな打ち合わせも、
必要となります。

 

従って、田辺市にお住まいの方は、
観光(Sight seeing)向けのビジネス英会話を学びたい方が多いでしょう。

 

温泉地や旅館関係の方は、ネイティブを含めて外国人のおもてなしのための
ビジネス英会話を勉強されることをお奨めします。

 

最初に、ネイティブが旅館に到着したときに、
受付の方は、予約(reservation、booking)の確認をする必要があります。

 

その際、欧米と日本では、チェックインの手順が、全く変わってきます。

 

欧米では、クレジットカードが無いと信用されず、
宿泊するのに費用の前払いをするのです。

 

日本では、住所、氏名を書けば、宿泊できるのです。
そのようなビジネス的な慣例は心得ておきたいものです。

 

そして、部屋までご案内することになります。

 

旅館の従業員の方は、
熊野古道や景勝地の簡単な英語での紹介(Introduction)ができるといいですね。

 

田辺市にお住まいの方は、交通事情を考えると、
英会話の勉強のために、英会話スクールに通うのは時間がかかります。

 

そこで、オンライン英会話によりビジネス英会話のレッスンを受けることを
お奨めします。

 

旅館の事務室にあるパソコンを利用すれば、オンライン英会話で
容易にビジネス英会話を学ぶことができるのです。

 

あるいは、自宅に帰ってからでも、ご自分のパソコンを使って
オンライン英会話でビジネス英会話を学ぶこともできます。

 

次に、温泉地で働く方へのアドバイスがあります。

 

ネイティブは、多くの人が一緒に入る温泉(Hot spring)に、
慣れていないかもしれません。

 

その時は、部屋付きの温泉風呂(Private hot spring)が用意できると、
喜ばれると思います。

 

そのようなネイティブの習慣については、オンライン英会話の
ネイティブ講師に聞くと良いでしょう。

 

田辺市にお住まいの方は、おもてなしのためのビジネス英会話に
ぜひ挑戦(Challenge)してみてください。

 

 

 

 

 

 

>> 社員研修ランキングがオススメのネイティブ講師系英語研修スクールはこちら

 

 

 

 

 

 

 

田辺市の企業、公的機関紹介
オンライン英会話
田辺市は、和歌山県のほぼ中央にある人口約8万人の市です。太平洋に面した地域は、黒潮の影響で温暖な気候となっていますが、山地地域は内陸的な気候となっています。熊野古道のルート分岐点があり、熊野口と言われています。田辺市は観光地として知られており、熊野本宮大社と大社に通じる熊野古道に多くの観光客が訪れます。また、温泉も龍神温泉をはじめ、川湯温泉、湯の峰温泉などがあります。ビジネス英会話を必要としている方には、オンライン英会話をお勧めします。オーストラリア連邦ニューサウスウェールズ州のワイオン市とは、姉妹都市の関係にあります。