ビジネス英会話 オンライン英会話 ランキング

TOEIC

ビジネスマンあるいはビジネスウーマンにとってTOEICのスコアは、
企業が求めている資格の中でも重要なものの中の1つではないでしょうか。

 

TOEICは、Test of English for International Communication の
各単語の頭文字をとった略称です。

 

英語の能力を測るために、アメリカで企画立案されました。

 

韓国や日本では、特に企業研修や社員研修後の実力テストに利用されており、
ビジネス英語の能力を測定するのにふさわしいテストと言われています。

 

テストは、英文を理解する能力を測定する問題が100問、
英会話を理解する能力を測定する問題が100問出ます。

 

英文を理解する能力を測定する問題では、次のような問題が出題されます。

 

(a) 文章の一部がブランクになっていて、4つの英単語の中から妥当な英単語1つを選ぶ。
(b) 長い英語の文章の一部がブランクになっていて、
  4つの英単語の中から妥当な英単語1つを選ぶ。
(c) 英語の文章を読み、その文章についての質問について4つの答の中から妥当な1つを選ぶ。

 

また、英会話を理解する能力を測定する問題では、次のような問題が出題されます。

 

(a) まず写真を見て、その写真を説明する英会話が4つ流されます。
その4つの英会話の中から、
写真の状況を説明するのに最もふさわしい内容の英会話を1つ選びます。

 

(b) 最初に問いが流されて、その次にその問いについて3通りの答が読み上げられて、
最もふさわしい内容の答を1つ選びます。

 

(c) 英会話を聞いたのちに、テスト用紙に書かれた問と4つの答を読んで、
その中から最もふさわしい内容の答を1つ選びます。

 

(d) 英語の説明を聞いたあと、テスト用紙に書かれた3つの問に答えます。
答は4つ用意されていて、その中から最もふさわしい内容の答を1つ選びます。

 

ここで大切なのは、英会話を理解する能力を測定する問題では、
英語を母国語とするネイティブが英語の問題を読むことです。

 

すなわち、ニュージーランドを含むオーストラリア、カナダ、イギリス、
そしてアメリカ合衆国のネイティブが各々の問題を1/4ずつ読むということです。

 

それは、日常、ネイティブの英会話を聞いていないと、
TOEICのスコアが上がらないことを意味しています。

 

スカイプ英会話(オンライン英会話)は、
英語を第2母国語とする講師のスクールとネイティブ講師のスクールに分類されます。

 

 

TOEICのスコアを上げようと思ったら、
ネイティブ講師のスカイプ英会話で勉強するのが望ましいのではないでしょうか。

 

 

 

オンライン英会話

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>